出勤制限を避けるには

ソープランドには「出勤制限」というものがあり、働きたい希望の日に出勤ができなくなるということになる女性がいるのです。
そうなればその日のお給料はゼロになりますので、女性からすれば死活問題にもなりかねません。
その「出勤制限」にかけられる女性の特徴というものがいくつかあり、お客様を呼べない、クレームが多い、遅刻や欠勤が多い、というところが挙げられてきます。
そこで、「出勤制限」を受けないためにできることというものが少なからず存在してくるのです。
真っ先に挙げられるのが、一生懸命頑張るということであり、これに関しては誰から見ても当たり前の話でもあります。
まず、「新人」と「業界未経験」のブランドというのはとても貴重になります。
ソープランド側もそれを知っていますので、最初の期間は優先して出勤させてくれるだけでなく、お客様に対しても大きく猛プッシュをしてくれるのです。
ということもあり、新人期間でいかにお客様を掴めるかが運命の別れ目でもあるということなのです。
これに関しては決して大げさではなく、頑張るか頑張らないかで未来が大きく変わってくるのです。
後々のリピーターをこの期間で大量に確保すれば、財布が大きく膨れ上がること間違いありません。
また、新人期間終了後に即「出勤制限」を受けないようにするための踏ん張りどころでもあります。
次に、遅刻や欠勤は絶対にしないということもあり、出勤数に制限があるからこそ時間にもシビアなのがソープランドなのです。
一般のアルバイトよりも厳しいと思っておいて間違いはなく、風俗だから甘く考えてもいいという考えは絶対に捨てたほうがいいのです。
最初から厳しく言われることはありませんが、あまりに多いとクビになることだって珍しくありません。
最後に、自分の体力にも注意が必要になってきます。
女性の遅刻の原因として最も多いのが、疲れが溜まっていることによる寝坊になります。
ソープランドのお仕事は風俗の中でもとてもハードであり、デリヘルやホテヘルと比べて体力を消耗しやすく、更に頑張ってフル出勤する女性も少なくありませんので疲れがなかなか取れません。
ですので、ソープランドのお仕事をするからには十分に自分の体をケアする必要があるのです。
接客中に疲れた顔を出してしまったりすれば、必ずといってお客様にはバレてしまうのです。
対処法としては、お仕事前日は早めに寝てちゃんと睡眠時間を確保し、食事はしっかりと栄養のあるものを摂るということは心掛けたほうがいいでしょう。