出勤制限を受ける特徴

基本的に、風俗店で働く際は自由出勤で働くことになります。
簡単にいえば、稼ぎたいときだけ働いて、目標金額が達成すれば後の日は出なくても全然構わないというものなのです。
これは一般の風俗店での話になるのですが、ソープランドに関しては少し違ってくるのです。
ソープランドには「出勤制限」というものがあり、出勤できる女性の枠が超えればどうしても「出勤制度」にかけられてしまう女性がどうしても出てきてしまうのです。
その「出勤制度」にかけられる女性の特徴というものに、まずお客様をよべない女性というものがあります。
やはりソープランド側もビジネスですので、お客様を呼べる女性と呼べない女性を天秤にかけた際、どうしてもお客様を呼べる女性に出勤してもらいたいと思うものなのです。
他には、クレームが多い女性というものになります。
当たり前の話ですが、接客してくれた女性が微妙どころか最悪だった場合にはどうしてもクレームをもらいがちになってきます。
そもそも、クレームが多いとそのお客様がもう利用してくれないだけでなく、友人などにも悪い口コミをする場合がありますので、どこのお店もクレームへの対応はしっかりと行っているのです。
具体的には、クレームを受けた女性にその内容を優しく遠回しに伝えて、再発を防ごうとするのです。
最後に、遅刻や欠勤が多いというものも挙げられるでしょう。
まず、欠勤をすれば部屋が1つ空きますから、それを埋めるためにお店側は他の女性へ出勤要請をしたりします。
もちろん、代わりに誰か出てくれればいいのですが、誰も出れないとなれば単純計算して、お客様単価が3人~4人分の売上がなくなってしまうのです。
お店側からすると、こういったことになるくらいなら最初からシフトに入れなければ良かったと考えてしまいます。
ですので、急なお休みが多いとお店側からの信頼は一気に落ちてしまいますので注意が必要なのです。
それと同時に、もちろん遅刻もよくありません。
予約が入っていたらその時間分だけ稼動しないことになりますので、欠勤と同様に遅刻も「出勤制限」を受ける理由になるのです。
そこで、「出勤制限」を受けないためにできることというものがあります。
お客様をたくさん呼べればそんな心配はいらないのですが、みんながみんなそういう女性ばかりではありません。
それを知っておくだけでも違ってきますし、もちろん実行に移すことで稼ぎになる部分も変わってくるものなのです。