出勤制限を避けるには

ソープランドには「出勤制限」というものがあり、働きたい希望の日に出勤ができなくなるということになる女性がいるのです。
そうなればその日のお給料はゼロになりますので、女性からすれば死活問題にもなりかねません。
その「出勤制限」にかけられる女性の特徴というものがいくつかあり、お客様を呼べない、クレームが多い、遅刻や欠勤が多い、というところが挙げられてきます。
そこで、「出勤制限」を受けないためにできることというものが少なからず存在してくるのです。
真っ先に挙げられるのが、一生懸命頑張るということであり、これに関しては誰から見ても当たり前の話でもあります。
まず、「新人」と「業界未経験」のブランドというのはとても貴重になります。
ソープランド側もそれを知っていますので、最初の期間は優先して出勤させてくれるだけでなく、お客様に対しても大きく猛プッシュをしてくれるのです。
ということもあり、新人期間でいかにお客様を掴めるかが運命の別れ目でもあるということなのです。
これに関しては決して大げさではなく、頑張るか頑張らないかで未来が大きく変わってくるのです。
後々のリピーターをこの期間で大量に確保すれば、財布が大きく膨れ上がること間違いありません。
また、新人期間終了後に即「出勤制限」を受けないようにするための踏ん張りどころでもあります。
次に、遅刻や欠勤は絶対にしないということもあり、出勤数に制限があるからこそ時間にもシビアなのがソープランドなのです。
一般のアルバイトよりも厳しいと思っておいて間違いはなく、風俗だから甘く考えてもいいという考えは絶対に捨てたほうがいいのです。
最初から厳しく言われることはありませんが、あまりに多いとクビになることだって珍しくありません。
最後に、自分の体力にも注意が必要になってきます。
女性の遅刻の原因として最も多いのが、疲れが溜まっていることによる寝坊になります。
ソープランドのお仕事は風俗の中でもとてもハードであり、デリヘルやホテヘルと比べて体力を消耗しやすく、更に頑張ってフル出勤する女性も少なくありませんので疲れがなかなか取れません。
ですので、ソープランドのお仕事をするからには十分に自分の体をケアする必要があるのです。
接客中に疲れた顔を出してしまったりすれば、必ずといってお客様にはバレてしまうのです。
対処法としては、お仕事前日は早めに寝てちゃんと睡眠時間を確保し、食事はしっかりと栄養のあるものを摂るということは心掛けたほうがいいでしょう。

参考資料《風俗求人モモコちゃんねる
…出勤制限のないソープランドの店舗を探せる風俗専門求人サイトです。

出勤制限を受ける特徴

基本的に、風俗店で働く際は自由出勤で働くことになります。
簡単にいえば、稼ぎたいときだけ働いて、目標金額が達成すれば後の日は出なくても全然構わないというものなのです。
これは一般の風俗店での話になるのですが、ソープランドに関しては少し違ってくるのです。
ソープランドには「出勤制限」というものがあり、出勤できる女性の枠が超えればどうしても「出勤制度」にかけられてしまう女性がどうしても出てきてしまうのです。
その「出勤制度」にかけられる女性の特徴というものに、まずお客様をよべない女性というものがあります。
やはりソープランド側もビジネスですので、お客様を呼べる女性と呼べない女性を天秤にかけた際、どうしてもお客様を呼べる女性に出勤してもらいたいと思うものなのです。
他には、クレームが多い女性というものになります。
当たり前の話ですが、接客してくれた女性が微妙どころか最悪だった場合にはどうしてもクレームをもらいがちになってきます。
そもそも、クレームが多いとそのお客様がもう利用してくれないだけでなく、友人などにも悪い口コミをする場合がありますので、どこのお店もクレームへの対応はしっかりと行っているのです。
具体的には、クレームを受けた女性にその内容を優しく遠回しに伝えて、再発を防ごうとするのです。
最後に、遅刻や欠勤が多いというものも挙げられるでしょう。
まず、欠勤をすれば部屋が1つ空きますから、それを埋めるためにお店側は他の女性へ出勤要請をしたりします。
もちろん、代わりに誰か出てくれればいいのですが、誰も出れないとなれば単純計算して、お客様単価が3人~4人分の売上がなくなってしまうのです。
お店側からすると、こういったことになるくらいなら最初からシフトに入れなければ良かったと考えてしまいます。
ですので、急なお休みが多いとお店側からの信頼は一気に落ちてしまいますので注意が必要なのです。
それと同時に、もちろん遅刻もよくありません。
予約が入っていたらその時間分だけ稼動しないことになりますので、欠勤と同様に遅刻も「出勤制限」を受ける理由になるのです。
そこで、「出勤制限」を受けないためにできることというものがあります。
お客様をたくさん呼べればそんな心配はいらないのですが、みんながみんなそういう女性ばかりではありません。
それを知っておくだけでも違ってきますし、もちろん実行に移すことで稼ぎになる部分も変わってくるものなのです。

出勤制度とは

風俗店で働く女性のほとんどは、高収入というものを目的として働いている人がほとんどになってきます。
風俗店の特徴に、出勤というものは自由出勤というものを取っており、一般の会社のように土日祝日休みやシフト制というものを取っているわけではありません。
出たいときに出て稼ぐというのが一般的な風俗店の働き方になるのです。
ですので、具体的な目標金額が達成すれば後の日は出勤をしなくてもいいというわけです。
そこで、あまり知られていないことかもしれませんが、ソープランドでは「出勤制限」というものがあります。
まず、お店から「出勤制限」を受けると出たい日数が働けなくなりますので、希望金額が稼ぎにくくなるのです。
逆に「出勤制限」がないと、好きな日数働けますので、希望金額を稼げるようになります。
といったように、実のところソープランドというのは勤怠にシビアな所であるのです。
そもそも、風俗というのは自分の好きなときに働けて休みたくなったら休める、と思っている女性は結構多いです。
実際に半分以上のお店ではそうなのですが、ソープランドなどの店舗型風俗店ではちょっと事情が違ってきます。
一言でいいますと、部屋数には上限があり、出勤の枠にも上限があるということなのです。
仮に、部屋数が15なら同じ時間帯で出勤できるのは15人までで、正直な話これが上限になります。
同じ日に出勤したいという女性が部屋数以下の12人だったなら何も問題ありませんし、ただ単に空き部屋が3つ残るということだけです。
ですが、仮に同じ日に出勤したいという女性が18人いたら、ここで「出勤制限」をする必要が出てきてしまうのです。
もちろん、ソープランド側もビジネスでお店を経営していますので、18人の中で誰を優先すれば1番売上が上がりそうなのかを考えます。
ということから、余った3人は稼ぎたいので出勤したいけど「出勤できない」という状態になってしまうのです。
そこで、「出勤制限」を受ける女性の特徴というものにはどういったものがあるのでしょうか。
やはり、真っ先に挙げられてくるのが、お客様を呼べない女性というものになります。
あくまでも同じお店の女性との比較になりますが、自分よりもお客様を呼べる女性が同じ日に出勤希望を出せば、当然のようにその女性の方が優先されます。
そういった考えから、お客様を呼べる女性というのはどんどん稼げるようになっていき、お客様が呼べない女性は「出勤制限」にかけられ稼げなくなってしまうということなのです。
そうならないために、ソープランドで稼ぎたいのであれば小さな努力も怠らないということと、常にお客様を喜ばせるという心を持つしか方法はないような気もします。